併用住宅で費用の軽減ができる┃1階部分を店舗にすることも可能

地元でマイホームを建てる

男性

名古屋でマイホームを購入するなら自宅近くの工務店を利用すると良く、近いので運送費や出張費が省けます。名古屋はエリアによって平坦な場所があるため、自然災害のことを考慮した住宅構造を考える必要があります。

もっと見る

戸建てライフを満喫する

住宅

一戸建ては間取りの広い住宅ですから、大家族で暮らす上で便利です。両親と生活する際は二世帯住宅も視野に入れてみましょう。富士見市で一戸建てを購入すれば自由な生活を送ることができます。好きなように家を改装したり、ペットを飼うことが可能になるのです。

もっと見る

住宅の賢い使い方

部屋

住宅部分と店舗部分

自分が生活するための住宅部分とそれ以外の事業用目的の部分がある住宅を併用住宅と言います。一般的には、1階部分に美容室や小売店舗などをおいて、2階部分が居住用になっていることが多く、併用住宅にすることで建物に要する費用を軽減することができます。実際の事業においても居住用の住宅と一緒になっていれば、夜間であっても対応できますのでメリットは大きいと言えます。最近では、事業を行っていない人でも、賃貸併用住宅を建築する人が増えています。これは、自分で事業を行うために併用にするのではなく、1階や2階部分を事業用や個人用の賃貸物件として建築するもので、それらの賃料によって建築費用の償還を行っていくことができます。

賃貸住宅に活用する方法

賃貸併用住宅の場合には、賃貸アパートの建築に比べると大規模な賃貸を行うわけではありませんが、自分の住居を兼用していますので、不動産投資としての側面は小さくなります。そのため、資金の改修計画を考える場合でも、大きな利回りを求めなくて済みますので、安定的な経営が可能になります。老後の生活を検討する場合に、大きな住宅が必要ない場合には、ワンフロアだけを居住用にすれば、他は賃貸用にすることができますので、ある程度の収入を得ることが可能です。ただ、それぞれのフロアに独立性を持たせることが重要になりますので、併用住宅を建築する場合には、ハウスメーカーとよく相談しながら検討しなければなりません。二世帯住宅などへの転用も可能であり、用途は幅広く考えられます。

新しい生活を始めたい家

間取り図

注文住宅を建てれば一般的な住まいとは全く異なった生活を送ることができます。南大阪で外観が芸術的な注文住宅を造ることによって、様々な人達を招きやすくなるでしょう。南大阪で注文住宅を建てる場合はデザインだけではなく様々なシステムにも注目してみましょう。

もっと見る